同一労働同一賃金はいつから?今後の働き方を考えるべき。

 

最近よく耳にする同一労働同一賃金。なんかよくわからないけど、いつから導入されるの??
気になりますよね。

 

実はすでに導入日が決まっています。

 

大手企業では2020年4月から働き方改革の一つとして同一労働同一賃金が適用されます。
また中小企業は2021年4月からの適用予定となっています。

 

意外とすぐなんですよね。
ただ導入されると言われても、何がどうかわるのかよくわからないって人が大半だと思います。

 

この記事では、同一労働同一賃金の詳しい内容や今後の働き方について考察した内容をまとめています。

 

個人的に思ったのは、正社員の方に影響がでそうな内容です。。。
正社員の方は必読ですよ。

 

 

同一労働同一賃金の内容をわかりやすく解説!

 

まず、この同一労働同一賃金について(もっといい名前はなかったのか、)内容を解説していきます。

 

この内容は簡単に言えば、正社員と非正社員間の賃金格差、待遇格差を無くす為に施策されたものです。厚生労働省のHPにはこのように明記されています。

 

同一労働同一賃金とは

 

同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者)と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。
同一企業内における正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消の取組を通じて、どのような雇用形態を選択しても納得が得られる処遇を受けられ、多様な働き方を自由に選択できるようにします。

 

引用元:厚生労働省HP

 

要は正社員と派遣社員の格差が大きかったので、待遇を平等にして格差を無くしましょう!というものです。
正社員だと福利厚生やボーナスなどが当たり前にありますが、派遣社員などはそういった待遇は受けられませんよね。

 

また格差を無くすことで新しいことにチャレンジできるような環境を作るという目的もあるそうです。

 

国はそういった待遇格差を無く目的で、働き方改革の一環で施行しました。

 

ここまで聞いていると、なんだかめちゃくちゃいい政策じゃないか!となりそうですが、実はそうでもありません。
ぶっちゃけてしまうと、正社員を除いた人だけにメリットがあります。

 

僕も主張として、この政策が適用されると正社員にメリットがないし、今後は会社一つに依存して働くのはリスクが高いので個人で副業なりビジネスを持つべきだと考えます。

 

正社員への具体的なデメリットとは

 

前述でも話しましたが、この同一労働同一賃金で正社員は大きなダメージを受けます。
具体的には以下の3つは影響が出てくると思います。

 

  • 人件費高騰で基本給引下げ、手当カット
  • 残業規制がさらに厳しくなる
  • リストラの増加

 

この3つです。

 

順に解説していきます。

 

人件費高騰で基本給引下げ、手当カット

 

まず企業は派遣やパートに対して、正社員と同等な扱いにしないといけません。
内容としては賃金、各種手当、福利厚生などです。

 

そうなると必然的に人件費が高騰します。企業側はこれまで安い人件費で雇っていた労働者に対して正社員と変わらぬ待遇で雇うことになります。

 

自分が経営者だったらかなりキツイですよね。

 

人件費が高騰するということは、どこかの部分で費用をカットしないと企業もやってられません。そこでまず狙われるのが現正社員の賃金引下げ、住宅手当、出張手当、通勤手当、扶養手当などの手当カットです。

 

かなり厳しい話ですよね。普通に年収が下がると思います。

 

ただ派遣社員達にとっては、賃金上昇や各種手当、福利厚生などが適用されるので良い話だと思います。

 

このことから収入面での心配が出てきます。

 

残業規制がさらに厳しくなる

 

人件費が高騰したことで、残業時間の規制なども厳しくなるでしょう。
ここで大きなダメージを受けるのが、残業代で生活費をまかなっていた人達です。

 

毎月の生活費残業代をあてにしていた人は、残業が規制が厳しくなると収入も減るので、生活にかなり影響がでます。

 

また強制的に退社させられると考えると、仕事が追いつかないので家に持ち帰ってやるなんて事も可能性としてあります。

 

リストラの増加

 

人件費が高騰に伴って、企業側は人件費の削減を検討します。
となれば、もう最後は社員を減らすしかありません。

 

これまでのリストラ自体はありましたが、より加速していくことが懸念されます。

 

今まで会社にしがみついてきた社員は、これからは安心してなんかいられません。

 

転職するならマーケット市場が伸びている業界にするべき

 

今から転職するなら、その業界が伸びているかどうか見て決めましょう。
当たり前ですが、マーケット市場が縮小傾向にある業界に転職しても、キャリアアップはおろか年収も大幅ダウンするでしょう。

 

キャリアアップや年収UPを目指すなら、伸びている業界に転職するのが正解です。

 

ちなみに今市場が大きく伸びているのが以下のです。

 

  • AI
  • VR/AR
  • loT
  • ゲノム編集
  • 3Dプリンター
  • 遠隔治療
  • 自動運転

 

その他にも多くありますが、主な産業はこの辺りだと思います。
こうみると、共通している多くがIT系だということです。

 

やっぱりインターネットもかなり普及していますし、AI開発もかなり進んでいますからね。
個人的にもIT業界は100%伸びてくるので、転職先候補にはとてもオススメです。

 

ITといっても、その職種は様々です。
エンジニア、プログラマー、ライター、Webマーケティング、アプリ開発などなど色々あります。

 

IT関係の仕事で良いところは、どれもスキルが身に付きますので他の分野でもその知識やスキルを活かすことができるところですかね。
キャリアアップもしやすいですし、何より手に職がつくのが時代に合っていると思います。

 

もしIT系の仕事に興味があるなら、こちらの記事でIT転職に強い転職サイトをまとめているので参考にしてみて下さい。

 

合わせて読みたい記事

 

最近ではフリーランスで稼ぐ人が多くなった

 

最近よく聞くフリーランスという言葉。知っている人もいると思います。
ちなみにフリーランスとは企業や組織に属せず、主に自分のスキルなどを企業に提供している人のことです。
わかりやすく言えば、個人で企業などから仕事を請け負って商品を納品したりして報酬をもらうような感じです。

 

完全に一人で仕事をするので、個人事業主のようなものです。

 

一昔前まではフリーランスという言葉はあまり聞かなかったと思いますが、今ではフリーランスという言葉は身近な言葉になり、人口も増えました。
近年フリーランスの経済規模がもの凄い勢いで拡大していっているんです。

 

その証拠にフリーランス人口の成長率が爆伸び中です。
こちらの画像をご覧下さい。

 

引用元:ランサーズ公式HP

 

たった3年で206万人も増えているんです。この増加率はアメリカの3倍にあたる成長率です。
206万人ですよ。今日本では個人で稼ごうと思っている人がどんどん増えていっています。

 

ちなみにこちらの画像は、フリーランスの経済規模と副業従事者推移グラフです。

 

引用元:ランサーズ公式HP

 

経済規模は約8兆円、副業従事者は2018年時点で744万人もいます。
2020年現在では、これ以上の副業従事者がいると考えられます。

 

会社員をしながら副業フリーランスをやって、そのまま独立してオーナーになる人も多くいます。現に僕の周りにも、本業をしながら副業をして収入が安定したので起業した方もいました。

 

この急激な増加の背景には日本経済の悪化、消費税増税などの影響が関係していますが、実は同一労働同一賃金の影響も受けています。

 

今後も、このようなフリーランス個人事業主などが増えていき、正社員は価値がなくなるので激減していくと思います。

 

これからは将来性、専門性のある仕事・人材になっていかないと、豊かになれません。
それと同時に、個人スキルが問われる時代になっていきます。

 

会社に依存せず、個人でもビジネスを持つべき

 

僕の考えですが、これからの時代では会社に依存はせずに、個人でお金を稼ぐことができるように力をつけるべきだと思います。

 

そして個人で本業以外のビジネスを持つべきです。

 

今現在で自分のビジネスを持っている人ってあんまりいないと思うんですよね。
国が副業を解禁しましたが、それでもまだ副業をやっている人は少ないですし、そもそも会社がまだ副業OKじゃないところもあったりします。

 

今回の同一労働同一賃金の政策によって、正社員の価値は確実に低下していきます。
そうなると必然的に正社員の収入は下がるので当然年収も減ってしまうでしょう。

 

本業一本だと、こういった事態に対応ができません。

 

ですが本業+個人で副業やビジネスを持っていれば、構え方は変わってくるはずです。
現に僕もそういった不安があったので、会社で働きながら副業に取り組んでいます。

 

まだ副業をしていないって方は、これを機に何か自分のビジネスになる物を探してみましょう。

 

そして働く環境もですが、今の会社や業種に将来性が感じられないと思うのなら、将来伸びてくる業種や仕事に転職してスキルを磨くのが吉です。

 

まとめ

 

これまでの記事で解説したポイントを以下にまとめました。

 

  • 2020年4月から大手企業で同一労働同一賃金が適用される
  • 中小企業は2021年4月より適用開始
  • 同一労働同一賃金は正社員にとって地獄の政策
  • 非正社員との格差を無くすことで人件費が高騰
  • 人件費高騰により給料、手当カット、残業規制、リストラの懸念
  • 正社員は確実に年収が下がる見込み
  • 正社員の価値が下がり、働き方に変化があらわれる
  • 時代の背景に伴い、フリーランス人口が増加
  • 今後は個人スキルの需要が高まっていく
  • 会社に依存はリスク大。個人でビジネスを持つべき
  • 転職する場合はマーケット市場が伸びている業種に転職が吉
  • オススメ業界はIT業界

 

上記の通りです。

 

今回の同一労働同一賃金で、世の中の働き方に大きな変化が出てくると思います。

 

ひと昔は年功序列で終身雇用が約束されていましたが、今はそうではありません。
昔と同じような働き方、生き方をしても世の中の状況が大きく変わってきており、同じ事をしていては絶対に豊かになれません。

 

時代が変わるのと同時に、僕たち個人も変化に対応していかないといけないと思っています。

 

この記事をきっかけに、今後の働き方について考えてもらう事ができれば幸いです。

 

僕自身も本業をこなしながら、これからも副業を頑張っていくつもりです。
一緒に頑張りましょう!!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 


このページの先頭へ戻る