退職を考えている方必見!退職後の生活が心配な方は社会保険給付金を利用するべき

 

この記事を訪れたあなたは恐らく今の会社に不満を持っている方だと思います。

 

またはすでに退職を検討されている方もいると思いますが、以下のような悩みを持っていて、なかなか退職に踏み切れないという方が多いのではないでしょうか?

 

  • 退職後の生活が不安
  • 収入がなくなるのが怖くて決断できない
  • 雇用保険だけではとても足りない

 

こんな不安や悩みを抱えている方も多いはずです。

 

そんな方は社会保険給付金を受給するべきです。
この制度が受給できれば雇用保険とは別になんと18ヵ月の間、一定の給付金を受給することができます。
場合によっては、雇用保険と合わせて最大で28ヵ月受給も可能です。

 

実はこの制度、本来であれば受給できる人が多くいるのにも関わらず、制度自体を知らなかったり、申請方法がわからなかったりして、受給できるのに受給していない方が多いんです。

 

また知っている方でも細かい受給条件などがあり、申請が通らないケースも多々あります。

 

そんな時にオススメしたいのが、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートです。
この退職コンシェルジュでは、社会保険給付金についての相談や申請サポートを行っています。

 

また退職後の予定なども相談できるので、退職後に不安や悩みを持っている方には最適だと思います。

 

この記事では、退職コンシェルジュの社会保険給付金について詳しく解説した記事です。

 

特に「退職を考えている」「退職後の生活が心配」「病気やうつで働けず、収入面で困っている」こういった方には、本記事を参考にして頂ければと思います。

 

 

 

社会保険給付金ってなに?

 

社会保険給付金と聞いて「何それ?」という方がほとんどだと思います。

 

まず社会保険給付金について解説しますと簡単に言えば、私たちが毎月働いた給料から国に納税している社会保険料が手当金となってもらえるという制度です。
会社員であれば、会社が勝手に給料から天引きで納税しています。

 

え、そんなことできるの?と思ったかもしれません。これは別に裏ワザとかではなく、公的な制度です。

 

ちなみに社会保険料ってどんなイメージを持っていますか?多くの人が大きな病気やケガをしないと活用できないと思われがちですが、そうではありません。

 

社会保険は5つの保険制度で成り立っています。

 

  • 医療保険
  • 年金保険
  • 介護保険
  • 労災保険
  • 雇用保険

 

この5つがセットで社会保険制度になっています。

 

この中でも雇用保険が俗にいう失業保険の事です。

 

社会保険給付金は、これら5つの原資から手当金として受給できるという訳です。

 

 

受給できるのにしていない人が多い

 

実は受給資格があるのに、受給できていない人が多いのが現状です。

 

こちらの表をご覧下さい。

 

全国の労働者数 6700万人
受給資格がある人 1600万人
受給できている人 9万3000人

 

参照元:退職コンシェルジュ公式HP

 

このように全国の労働者が6700万人おり、その中でも受給適合者は1600万人もいます。
これは約4人に1人の計算です。

 

しかし、実際に受給できている人はたった9万人です。

 

かなり少ないですよね。

 

なぜこんなにも受給者が少ないのか?その主な理由が、

 

  • そもそも制度自体を知らなかった
  • 知ってはいたけど申請方法がわからなかった

 

こういった理由により、受給できるのに受給していない人が多くいるのです。

 

確かに僕もそうですが、そのような制度は最近までは知りませんでした。
ただ受給資格はあるのに受給しないというのは勿体ないですよね。

 

受給ができる人の条件

 

実は、この社会保険給付金を受給するには条件があります。

 

その条件が以下になります。

 

  • 年齢が20歳〜54歳
  • 社会保険に1年以上加入している(派遣、パートでも入っていればOK)
  • 退職日まで2週間以上ある
  • 転職先が決まっていない
  • 使用可能な有給日数が4日以上ある

 

上記が受給できる人の条件になります。

 

普通に働いている方であれば、おおよそ応募条件を満たしているとは思いますが、1つ注意点をあげるならば現時点ですでに退職をしてしまった方は、受給対象になりません。
ただ場合によっては、申請できることもあるそうなので一度相談してみた方がいいです。

 

その点は注意しておきましょう。

 

社会保険給付金の受給スケジュール

 

次に気になるのは申請をして、いつから受給できるのか?
またどういったスケジュールで受給ができるのか?

 

こちらについて解説していきます。

 

早速ですが、受給スケジュールは以下のようになっています。

 

 

このようになっています。

 

申請期間が約2ヶ月あり、社会保険制度が18ヶ月間、そして失業保険が3ヶ月〜10ヶ月で受給期間は人によって条件が変わってきますが、最大期間で言えばトータル28ヶ月間の間、受給することができます。

 

28ヶ月というと、2年4ヶ月です。これすごくないですか?

 

普通であれば、会社を退職してすぐに次の会社に就職しない場合は雇用保険(失業保険)を受けると思います。ですが、この社会保険制度を知らずに利用しなかった場合、18ヶ月間も損をすることになります。

 

しかも失業保険は総支給の60%に対して、社会保険制度は65%です。

 

これもし受給資格があって、これを知ったら絶対に申請しますよね?

 

もう一度言いますが、この社会保険制度は受給できる人が多くいるのにも関わらず、知らずに受給していない人が多いんです。

 

なんともったいない。。。

 

今日これを知っただけでもかなりお得かもしれません。

 

個人で申請するのは難しい

 

実はこの社会保険給付金を個人で申請するのはかなり複雑で難しいんです。

 

それに以下のようなリスクもあります。

 

  • そもそも行政にとってはメリットはないので、申請案内はしていない
  • 条件や申請方法が複雑であり、社労士による申請でないとほぼ受給不可能
  • 仮に個人で申請できても、6か月以上かかることもある
  • 毎月申請する際、一度でも間違えた申請をしてしまうと受給が停止になる
  • 引っ越しの際に、給付金が停止することがある

 

かなり大変です。

 

社会保険給付金制度に詳しい方であれば、個人で申請してもいいと思いますが、ほとんどの人がそうではないですよね。
このような面倒な手間とリスクを回避するためにも、退職コンシェルジュの給付金サポートを担当しているプロの方にお願いするのが一番確実です。

 

こういったリスクを回避する方法や、気を付けるべきポイントなども退職コンシェルジュではアドバイスやサポートをしてくれます。

 

 

社会保険給付金サポートのメリット

 

社会保険給付金についてどんな制度なのかざっくり理解した上で、次に今回ご紹介する退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートを受けるメリットを解説していきます。

 

主な利用メリットは以下の3つです。

 

  • 退職後のプランを相談できる
  • 申請手順を専任スタッフが案内してくれる
  • 何かあった場合でもサポートが万全
  • 全額返金保証があって安心

 

順番に解説していきます。

 

退職後のプランを相談できる

 

少し聞いてみたいのですが、今の会社を退職するとして、その後のプランをちゃんと考えていますか?

 

おそらくですが、そこまでしっかりとしたプランは立ってないと思います。

 

ここの退職後のプランがしっかりしていないと、どうしたらいいのか路頭に迷う可能性があります。

 

そんな事がないように退職後の予定について相談できる所があるだけで心強いです。

 

退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートでは、そういった退職後のプランを退職コンシェルジュの担当者が丁寧にヒヤリング調査をしてくれます。

 

退職を考えている人にとって、退職後の不安は尽きないものです。このように退職前に退職コンシェルジュの担当者に相談できることで、退職になかなか踏み切れなかった方でも不安が解消され、安心して行動することができます。

 

申請手順を専任スタッフが案内してくれる

 

社会保険給付金を受けるには、当然ですが申請をしないといけません。

 

でもほとんどの人が「どうやってするの?」と思うはず。
または自分で調べてやるのは時間がかかるし、めんどくさいですよね。

 

こういう問題は専任のスタッフにアドバイスをもうらいましょう。

 

退職コンシェルジュでは給付金の申請手順や申請する上でのアドバイスももらえます。
こういうのはプロに聞いた方が話が早いです。

 

何かあった場合でもサポートが万全

 

無事に申請できたとしても、その後に色々な問題やトラブルが発生することが考えられます。

 

雇用保険と同様に様々な条件があって、審査も厳しいからです。

 

退職コンシェルジュなら電話相談、チャット、対面相談が気軽にできるので、何か問題があった時に役に立ちます。

 

全額返金保証があって安心

 

この社会保険給付金サポートを利用するにあたって、サポート費用(コンサルティング費用)がかかります。
サポート費用はその人の受給条件によって異なりますが、目安として受給額の10〜15%がサポート費用になります。

 

例えば、受給額が300万円であれば10%で30万円、15%で45万円がサポート費用になります。
サポート費用だけをみると少し高いように思うかもしれませんが、元々受給できなかった社会保険給付金と雇用保険の受給期間延長までしてもらえるので、個人的には高くないと思います。

 

仮にサポート費用30万円を払っても残りの270万円は自分のものになるので悪くないと思います。

 

またサポート費用を払ってもし審査が通らなかった場合、全額返金保証があるのでお金は全額返ってきます。

 

全額返金保証があるので、安心して利用することができます。

 

給付までの具体的な流れ

 

 

このような流れで給付を受けることができます。

 

申請関係でわからない部分があっても、退職コンシェルジュの担当者が丁寧に1つずつ教えてくれます。

 

無事に審査が通れば、1〜2週間で口座に振り込んでくれるのも早くていいですね。

 

社会保険給付金サポートの事例紹介

 

では実際に社会保険給付金を受給するとしないとではどのぐらいの差が出てくるか、事例をもとに説明します。

 

こちらをご覧ください。

 

 

まず個人の場合、雇用保険(失業保険)だけだと最大で3ヶ月しか受給できません。
この場合、仮に給料の総支給額が30万円だったとして、そのうちの60%が受給金額になるので、

 

30万円×60%=18万円が1か月に受け取れる金額になります。

 

3ヶ月間で受け取れる金額は18万円×3ヶ月=54万円になります。

 

一方で社会保険給付金サポートを利用した場合、これに加えて社会保険給付金が上乗せられます。

 

上記の画像にもあるように、社会保険給付金であれば、総支給額に対して65%が給付金になりますので、仮に給料の総支給額が30万円だとして、30万円×65%=19.5万円×18ヶ月=351万円も受給することができます。

 

さらに雇用保険(失業保険)も延長が可能です。

 

通常であれば受給期間は最大でも3ヶ月ですが、この社会保険給付金サポートを受けることで受給期間を最大10ヶ月まで延長することができます。
(受給期間は条件によってそれぞれ異なってきます)

 

仮に10ヶ月延長できれば、雇用保険(失業保険)と社会保険給付金と合わせて最大で28ヶ月の間、受給が可能です。

 

金額で言うと、この場合531万円を受け取ることができます。

 

受給しなかった場合は54万円なので、その差は477万円!

 

これはかなりデカい金額です。

 

このように社会保険給付金は、受給ができれば大幅に受給金額を上げることができます。

 

受給中は時間を有効活用できる

 

退職後、無事に受給ができるようになればその間の時間を有効に活用することができます。

 

例えば、資格取得の勉強だったり今流行りのプログラミング学習など、何か勉強したりするのに絶好の機会になります。

 

ただ受給期間中にダラダラ過ごすのではなく、次の転職先向けて資格取得を頑張ってみたり、興味があることを学んだりと、自己投資する時間も確保できます。

 

学生の時と違い、社会人になると中々勉強する時間を確保するこが難しいですよね。

 

社会保険給付金を受給出来れば、より長く自由な時間を確保できますよ。

 

まとめ

 

これまでの解説ポイントを以下にまとめました。

 

  • 社会保険給付金という制度を知っている人は少ない
  • 受給資格があっても、実際に受給できているのは4人に1人
  • 社会保険給付金サポートを受ければ、大幅に受給金額を上げられる
  • 受給期間は条件によっては最大で28か月受給が可能
  • 難しい申請手順や方法も専任スタッフが教えてくれる
  • 仮に受給申請が通らなかった場合は全額返金してもらえる
  • 受給できれば、空いた時間で勉強など自己投資に時間をかけられる

 

上記の通りです。

 

いかがだったでしょうか。

 

社会保険給付金についてある程度理解できたと思います。
こういう国の制度を知ることは大切ですし、うまく利用していくべきだと思います。

 

今回紹介した退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートは無料で問い合わせができますし、自分が受給資格があるかどうかだけでも確認しておきたいですよね。

 

全国どこからでも問い合わせが可能になっているので、気になる方は一度、問い合わせてみましょう。

 

今回の記事は以上です。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

また世の中には仕事を辞めたくても中々辞めることができない方もいると思います。
そういった方には退職代行がオススメです。自分に代わって退職の意思伝達や手続きをやってくれます。

 

退職代行について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

合わせて読みたい記事

このページの先頭へ戻る