Sponsored Link

肉体労働が辛くてもう辞めたい!転職して今すぐ逃げよう

肉体労働,きつい,辞めたい

 

突然ですが、こんな悩みを持っていませんか?

 

  • 今の仕事内容が肉体的にきつくて辛い
  • できれば肉体労働以外の仕事をしたいと思っている
  • 転職したいけど自分みたいな人を雇ってくれる会社はあるのか?

 

こういった疑問に答えていきます。

 

結論から言いますと、時代的にも早い段階で肉体労働から頭脳労働へ切り替えた方がいいです。こちらについては、これから詳しく解説していきます。

 

あと勘違いしてほしくないのですが、僕は肉体労働をして仕事を頑張っている人を尊敬している人間です。決して肉体労働をバカにしている訳ではありません。

 

ただ肉体労働の仕事がきつくて辛い思いをしている人に、もっと楽しく辛くない働き方をしてほしいだけです。

 

この記事ではそういった今仕事がきつくて辞めたいと思っている方に向けて、これからの考え方と転職方法までを具体的に解説しています。

 

少しでも参考になれば幸いです。それでは始めていきます。

 

 

今の仕事を辞めても全く問題ない

肉体労働,きつい,辞めたい

 

世の中には数えきれない程の企業と求人があります。実際のところ、今の会社を辞めたところで死にませんし、次の働き口なんて探せばいくらでも見つかります。

 

そうなんです。別に今の仕事なんていつでも辞められる訳ですよ。

 

いや、さすがに今の状況だと辞められないわ。」そういう風に思っている方もいるかもしれませんが、それは勘違いです。

 

会社によって変わってきますが、退職には1ヵ月前までに申し出るなど会社の規定があります。その規定通り早めに退職届を出せば退職完了です。

 

これだけです。辞める時はとてもあっけないものです。

 

それにどれだけその会社がブラックで辞めさせてくれなくても、民法で守られていますので問題ありません。

民法第627条

 

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
引用元:wikibooks

 

ですから、今の肉体労働である仕事が辛くてイヤなら辞めちゃえばいいんですよ。我慢して体を壊す方がよっぽど悪いです。

 

まずはいつでも辞められるという事実と、辞められないというのは勘違いだという事を理解して下さい。

 

それでも辞めさせてくれなくて困っている方は退職代行の利用を検討してみましょう。

合わせて読みたい記事

 

肉体労働のメリットとデメリット

肉体労働,きつい,辞めたい

 

肉体労働はきつくて汚れるというイメージがありますが、肉体労働であるがゆえのメリットもあります。

 

再確認の意味でも、肉体労働で働くメリットとデメリットを整理しておきましょう。

 

肉体労働の仕事で働く上でのメリットは以下の3つです。

 

  • 運動不足になりにくい
  • 仕事内容に難しいことがない
  • 比較的出世しやすい

 

順番に解説していきます。

 

メリット@運動不足になりにくい

 

当たり前ですが、肉体労働は体が商売道具ですので運動不足になりにくいです。

 

場合によっては筋肉を鍛えることも可能ですので、働きながら体を鍛えられるという意味ではいいですよね。

 

ただ鍛えるを通り越してキツイ場合もあるので、一概には言えないですが少なくともデスクワークがメインの社会人よりは体は丈夫になります。

 

メリットA仕事内容に難しいことがない

 

肉体労働をバカにしている訳ではありませんが、比較的少し仕事の流れを覚えれば誰でも仕事することができる職業でもあります。

 

専門的な知識やスキルを必要としないので、逆に言えばスキルのない人でもすぐに始めることができる職業と言えます。

 

ですが肉体労働ですので体は丈夫でないといけませんし辛いことも多いです。

 

メリットB比較的出世しやすい

 

出世が簡単という事ではないですが、こういう世界では実力がものを言う世界ですので、実力さえつけてしまえば出世は早いです。

 

肉体労働の世界でも、出世できればそこそこの年収になります。そういった意味では他の職業のように学歴だったり資格っていうのが絶対に必要っていう事にはなりにくいので、いいと思います。

 

次に肉体労働で働くデメリットも紹介していきます。

 

主にデメリットとなる事は以下の3つです。

 

  • 年齢と共に厳しくなってくる
  • 専門スキルが身に付きにくい
  • 苦労と収入が割に合わない

 

こちらも順に解説していきます。

 

デメリット@年齢と共に厳しくなってくる

 

肉体労働の大きなリスクは年齢と共に、体に負担がかかってきます。
若いうちはまだ大丈夫ですが、30代、40代となってくると肉体労働は続かなくなってきます。

 

そういった意味でも、肉体労働は体が若く元気なうちしかできない仕事でもあります。

 

デメリットA専門スキルが身に付きにくい

 

肉体労働は基本的に体が商売道具になりますので、他のスキルなどは特別必要にはなりません。そのため、肉体労働以外の専門スキルは取得する機会がないですし、他の職種に活かせる専門スキルなども身に付きません。

 

最近だと仕事でパソコンを使うことが多いですが、肉体労働の世界では管理職などにならない限りパソコンを使うこともないですよね。

 

このように他の仕事でも使えるようなスキルを身につけられないというのは大きなデメリットの1つになります。

 

デメリットB苦労と収入が割に合わない

 

肉体労働は文字通り、肉体を使って働く仕事です。当たり前ですが、やっぱり辛いです。

 

ですが辛いからと言って、肉体労働が高給取りという訳でもないですよね。むしろ少ない方だと思います。

 

世の中には肉体労働をせずとも高給取りなサラリーマンはゴロゴロいます。そういう人達と比べても仕方がないのですが、少なくとも今の働き方よりもう少し楽に働けて、今と同じぐらいの収入になる仕事は腐るほどあります。

 

今の仕事よりも肉体的に楽で、給料が変わらないんだったら普通に仕事変えようと思いますよね?

 

中には肉体労働を一切せずとも、あなたの給料より多くもらっている同年代も多くいます。

 

せっかく働くのですから、労働の対価となる給料がそこそこ割に合っている仕事をするべきです。

 

肉体労働以外の仕事で経験を積めば、選択肢が増える

肉体労働,きつい,辞めたい

 

若いうちであれば、体も元気ですし少々きつくても寝ればある程度復活できますが、年齢を重ねるにつれて体のあちこちに支障が出てきます。

 

あなたが今の仕事1本で頑張るつもりがないのであれば、別の職種でも働く経験を積んでおいた方が断然いいです。

 

例えば肉体労働以外に営業の仕事経験があれば、それだけで営業の仕事を受けるチャンスが増えるワケです。

 

1つの仕事だけを極めるのも良いことですが、色んな仕事を経験している人の方ができる仕事の幅も増えて仕事の選択肢が多くなります。

 

こんな感じで自分のキャリアを磨く為にも、若い時に様々な仕事を経験しておくことは、のちのちその経験が武器になって役に立つんです。

 

肉体労働者にオススメの転職先

肉体労働,きつい,辞めたい

 

そんな肉体労働が辛くて辞めたいと思っている方にオススメな転職先をご紹介します。

 

僕がオススメする転職先は以下の職種です。

 

  • 一般営業職
  • 販売職(工務店)
  • コールセンター

 

この3つです。

 

こちらも順に解説していきます。

 

転職先その@一般営業職

 

営業職は一般営業から不動産営業まで様々ですが、意外と営業職はスタミナのいる仕事です。ですが今あなたが肉体労働しているほど体は使いませんから、おそらく大丈夫だと思います。

 

営業職で働くと営業能力が鍛えられて、そのあとに転職をする時も営業で養ったトークスキルなどを十分活かすことができるので、立派なキャリアアップに繋がっていきます。

 

それに営業は頭の良し悪しは関係なく、どれだけ物を売れるかが全てですので意外とセンスがあれば、あっという間に今の年収よりも大幅に伸ばすことができると思います。

 

また営業職の良いところは、自分が売り込んだ成果に応じてインセンティブ(歩合報酬)がもらえるので、基本給に歩合報酬が上乗せされ、営業成績が良い場合は月収30万〜40万などはザラです。

 

転職先そのA販売職(工務店など)

 

販売系の仕事もオススメです。販売職と言っても種類は色々ありますが、その中でも工具や器具を取り扱っている工務店などが個人的にはオススメだと思います。

 

その理由に、肉体労働の仕事では工具や機材を使うことが多いと思います。この点は他の仕事と比べると割と詳しいと思うので、工務店などで自分が良く知っている物を販売していく方が楽しいですし、やりがいがあるかもしれません。

 

そういう意味では工務店はかなりオススメですし、また他の販売でも自分ができそうな内容の仕事を選べば問題ないと思います。

 

転職先そのBコールセンター

 

コールセンターは主に電話対応です。コールセンターは電話の応答がメインですので、特別なスキルは必要ないですし、給料も意外と悪くありません。

 

仕事内容もある程度決まっていますし、一度流れなどを覚えてしまえば問題なく働ける職種だと思います。

 

コールセンター系は常に人手不足に追われていますので、求人もかなりの頻度で出ているのを見かけます。

 

電話対応などが苦痛でない人であれば、コールセンターもアリかもしれません。

 

わからないことは転職エージェントに相談してみよう

肉体労働,きつい,辞めたい

 

もう今の仕事は辛くて辞めたいという思いが強い人は、早めに転職を考えた方がいいと思います。

 

ですが初めての転職で不安という方も多くいると思います。そういう人は転職のプロである転職エージェントに相談してみましょう。

 

転職エージェントなら、転職初心者でも転職の進め方やその人に合う仕事求人の紹介までしてくれるので、かなり便利です。

 

転職エージェントの中でも、特におすすめのがリクルートエージェントです。

 

リクルートエージェントは転職エージェントの中でも最大手で、転職する人の多くが利用している有名エージェントです。

 

転職初心者の方も多く利用しており、利用料も無料ですので相談だけでもしてみることもできます。

 

今の環境がイヤで、辛い肉体労働を今すぐ辞めたいと思っているなら、まずはリクルートエージェントのような転職のプロに相談してみることが第一歩です。

 

ここで行動しなかったら一生後悔することになりますよ。無料ですし、とりあえず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

リクルートエージェントはこちら⇒リクルートエージェント公式HP

 

まとめ

肉体労働,きつい,辞めたい

 

以上が肉体労働について悩んでいる人に向けての解説でした。
いかがだったでしょうか。

 

肉体労働は辛くで大変な職業です。そんな仕事を頑張っている人を僕は尊敬しています。

 

しかしその肉体労働がいつまで続くかは不明ですし、なんせ年齢を重ねるごとにどんどん辛くなってきます。

 

今の仕事が自分には合わなくて辛いと悩んでいるのであれば、無理せずに辞めたらいいと思いますよ。別に辞めたら死ぬわけじゃないですし。

 

仮に辞めるなら、先ほど紹介したリクルートエージェントなどの転職エージェントに相談して、今後の転職時期や自分が働ける求人を紹介してもらったりした方が、よっぽど効果的な解決策になりますので。

 

ぜひこの記事をきっかけに行動してみてはどうでしょうか。

 

今回の記事は以上です。

 

ご安全に!!


このページの先頭へ戻る