Sponsored Link

社畜は会社の奴隷!なりやすい人の特徴と対策について教えます

社畜,特徴

 

会社の奴隷、その名も社畜
会社にとっては、とっても従順でなんでも言ったことをこなしてくれる使いやすい社員ですよね。

 

最近では働き方改革によって、ただでさえ残業規制や有給取得の促進などが実施されていますが、それでも日本では社畜が大勢います。

 

日本人は世界的に見ても、真面目で働き者です。これ自体は悪いことではありません。
しかし実際には多くの日本人が仕事を頑張りすぎてしまい、気づかぬ内に会社の社畜になっているのです。

 

そんなあなたは社畜ではありませんか?自分ではわからない方もいるでしょう。

 

この記事では、会社の社畜になりやすい人の特徴と社畜にならない為の対策をまとめた記事になります。
あなたが現時点で社畜になっていないかどうか確認の為にも、本記事を参考に一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

それでは解説していきます。

 

 

社畜になりやすい人の特徴はこれ

社畜,特徴

 

早速ですが、会社の社畜になりやすい人の特徴を解説していこうと思います。
会社の社畜になりやすい人の特徴は以下の10項目です。

 

  • 周りの目が気になってすぐに帰れない
  • 有給消化を取得していない
  • プライベートよりも仕事を優先している
  • 残業を日常的にしている
  • 責任感が強いく、真面目過ぎる
  • 家に帰っても仕事の事を考えている
  • 休日出勤が多く、休みが少ない
  • 職場に社畜社員が多い
  • 上司の古い価値観や考えに疑問を持たない
  • 変にプロ意識が高い

 

一つずつ解説していきます。

 

周りの目が気になってすぐに帰れない

 

自分の仕事が終わって退社できるのに、まだ残って仕事をしている人達の目を気にして帰れない人がいます。その理由としては、周りからの評価を気にしているからです。
周りからの評価などを気にしすぎると、自分の行動にも縛りが出てきて無駄な行動をとるようになります。

 

これは大手企業のなどによく見られます。

 

有給消化を取得していない

 

たまにいるのが有給が多く残っているのに、全く取得しようとしない人。こういう人は社畜によく見られる特徴です。
上司や同僚から、有給取得を薦めても「あ、全然余裕なんで大丈夫ですよ〜」と言って有給を取らない人は立派な社畜です。

 

有給は従業員の権利ですので、積極的に取得することをオススメします。

 

プライベートよりも仕事を優先している

 

社畜はプライベートよりも仕事を優先してしまいます。よくあるのが、会社での仕事を家に持ち帰って仕事をしている人。
納期があって忙しい時ならわかりますが、日常的にやっている人は要注意です。

 

プライベートよりも仕事を優先してしまうことで、残業や休日出勤も多くなります。

 

残業を日常的にしている

 

日常的に残業をしている人は社畜の素質ありです。労働時間が長い人ほど会社の奴隷になっている証拠です。
中でも末期なのは、残業することで自分が評価されると勘違いしている人がいることです。

 

残業して評価されていたのはひと昔前の話です。
今ではいかに残業せずに業務を遂行できるかが重要ですので、日常的に残業が多い方は見直しを検討した方が良いです。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい。

 

 

責任感が強いく、真面目過ぎる

 

社畜に多い性格が真面目で正義感の強い人です。責任感があるのは社会人として素晴らしいことですが、逆に責任感がありすぎる人は全ての事において納得がいくまで仕事をこなしてしまいます。

 

要はそこまでやらなくてもいいのに、責任感が強いあまり妥協ができず、いつの間にか働きすぎているという事がよく見受けられます。

 

もしあなたが責任感の強い人だとしたら、上記のようなパターンになりやすいタイプですので注意が必要です。

 

家に帰っても仕事の事を考えている

 

家にデータを持ち帰って仕事をしていませんか?納期が迫っている物を持ち帰ってやることは普通なことですが、そこまで急ぎでない書類を自宅でこなす方は社畜予備軍です。
そもそもリモートワークでもない限り、自宅に持ち帰って仕事をすることではないです。

 

自宅に仕事を持ち込んでしまうと、仕事とプライベートの区別がつかなくなってしまいます。

 

仕事はなるべく職場でこなすように意識して、なるべく自宅に仕事を持ち込まないようにしていきましょう。

 

休日出勤が多く、休みが少ない

 

これは言うまでもありませんよね。

 

休日出勤が頻繁にある時点で社畜確定です。しかしこれはあなた自身が悪いといか、勤めている会社に問題があることが多いです。
もしあなたが会社や仕事の為にわざわざ休日出勤いているのであれば、それは社畜状態と思った方がいいでしょう。

 

職場に社畜社員が多い

 

自分の職場に社畜が多くいると、少なからず影響を受けてしまいます。
社畜社員が多いと、仕事を上がる際も周りに気を使わないといけない雰囲気になったりして、帰りにくい環境になってしまいます。

 

また人間は環境で変わる生き物ですので、そういう職場であればあるほど自分にも影響がでてくるものです。

 

上司の古い価値観や考えに疑問を持たない

 

今の40代、50代、60代の人達は働き方に対して古い考えを未だに持っていることがあります。
例えば「残業は当たり前」「休日出勤は当たり前」「昔はこうだった」など。

 

これらは全て現代の社会では通用しない考え方です。そういった意見を言われても何も疑問に思わずに思考停止している人は社畜にさせられやすいです。

 

昔と今では労働環境や働き方がまるで違うので、あまり古い人間の意見を聞かない方が賢明です。

 

変にプロ意識が高い

 

たま〜にいますよね。こういう人。
仕事に対してプロ意識を持つことは悪いことではありませんが、過剰なプロ意識は周りから嫌がられます。

 

あまりプロ意識を発揮しすぎると、自分がやる業務にも妥協ができなくなって結果的に自分の首を絞めることになります。
そうなると、自ずと残業時間も増え、心身ともに疲弊していきます。

 

あなたは会社のただの従業員ですから、そこまでプロ意識を持たなずにいつも通りこなせば十分です。

 

社畜にならない為の対策と正しい労働マインド

社畜,特徴

 

社畜になってしまうと心身ともに疲れてしまいますし、最悪の場合は鬱になってしまいまともに社会復帰できなくなることも少なくありません。

 

厄介なのが、社畜になる人の大半は、自分が社畜だという事実に気づかないことです。
自分は社畜ではないと思っていても、客観的に見ると社畜になっているというパターンは多いです。

 

そこで企業の社畜にならないように、取るべき対策と働く際の労働マインドについて解説していきます。

 

ひとりで抱え込まず、周りに協力してもらう

 

仕事量が多い時や難しい課題に直面した時は、ひとりでなんとかしようと考えずに周りに協力を求めましょう。
社畜の多くは仕事をひとりで抱え過ぎです。

 

相談できそうな人がいなくても、相談した相手が良いアイディアを持っている場合もあります。

 

人に何かを頼むのも対策の一つです。

 

言われたことを鵜呑みにせず、よく考える

 

社畜の人全てに当てはまるとは思いませんが、多くの人は他人の意見を鵜呑みにして仕事をしています。
自分の考えがなく、他人の意見や指示で動いているようでは、都合の良い人間(社員)になってしまいます。

 

仕事を進める上では、上司からの指示や意見に対してまず「本当にこれでいいのか?」という風に疑問を持つことです。
サラリーマンであれば、上司や先輩の指示は基本的に守らないといけませんが、同じ人間ですから完璧ではありません。

 

もしかすると、あなたを上手く利用しているかもしれません。

 

社畜になりやすい人はよく物事を考えずに行動してしまう傾向にあります。自分の意見や軸をしっかり持ちましょう。

 

 

自分が目指す目標を明確にする

 

「なぜこの仕事をしているのか」「この会社では何を目指してるのか」「将来的にどうなっていないのか」こんな風に真剣に考えたことはありますか?
ないのなら、今日から目指す目標を決めましょう。

 

何も目標がなくただ流れていく日々を過ごしていませんか?社畜になる人の多くは目標や夢を聞いても答えられないことが多いです。
忙しくてそんなの考える暇もないかもしれませんが、それは言い訳です。考えようとしていないだけです。

 

将来この会社でこのポジションにつきたい」とか、「このスキルと実績を持ちたい」など何でもいいので目標を持ってみて下さい。

 

それだけで日々の働く意識も変化してきますし、思考停止状態で仕事をすることが減ってきます。
目標があると無いとでは、成長スピードに雲泥の差がありますよ。

 

まとめ

会社の奴隷になるな!社畜になりやすい人の特徴と対策

 

社畜になっても良いことは一つもありません。

 

ましてやどれだけ労働をしたとしても、あなたの給料には残業手当以外は1円も還元されないのが現状です。
だからサボれという訳ではありませんが、そこまで疲弊して仕事をやることでもないですよね。

 

今の自分が社畜で辛い、社畜の特徴に当てはまってる人は今日から働き方についてもう一度振り返ってみて下さい。
そして社畜にならない為にも、働く上でしっかりとした目標や軸を持って仕事していきましょう。

 

今回の記事は以上です。

 

いつもより1時間早く退社するだけでも気分が全然違いますよ。


このページの先頭へ戻る