転職活動時はやっぱり黒髪?髪色や染める場合のトーンについて詳しく解説!

 

転職活動を行う上で、気になってくる部分が「髪色」ですよね。
最近では髪の毛を染める人も増えてきてますし、ファッション的に染める方も多いです。

 

よくある質問が「髪の毛は染めているけど黒染めした方がいいのか?」という質問です。
結論から言うと、黒染めした方がいいです。これは間違いありません。

 

他にも「髪色は何トーンまでなら大丈夫でしょうか?」こういった質問です。

 

どの質問にも共通している部分は「本当にこの髪色で大丈夫なのか?」と疑問を持っていることです。

 

ここで「髪色」に対して疑問を持ったり対策しようとしている姿勢は転職活動を成功させる為の第一歩になります。

 

当時、転職活動をしていた僕も暗めの茶髪だったのですが、黒染めをした経験があります。
なぜ黒染めしたかというと、黒髪が圧倒的に就職に有利になることを知ったからです。

 

また僕の実家が美容院であったこともあり、カラートーンなどには少し詳しい方です。

 

髪色は転職活動や面接での印象に大きく関わってきます。

 

髪色で損をしないためにも、適切な髪色は何か?というのを理解しておきたいところです。

 

この記事では、転職活動の時に髪色はどうしたらいいのか?または髪色のトーンはどのぐらいにしたらいいのか?と疑問を持っている方に対してスッキリ解説できるよう
詳しく解説していきます。

 

この記事をきっかけに、黒髪への関心を持ってもらえればと思います。

 

 

結局髪の毛は染めても大丈夫なの?

 

結論から言うと、染めてはいけないというルールはありません。

 

しかし圧倒的に黒髪の方が有利になりやすいのが事実です。その理由は以下の3つです。

 

  • 清潔感をアピールできる
  • 社会やビジネスでは黒髪が常識
  • 取引先にも安心して紹介できる

 

これらの理由から、黒髪の方が企業から好まれやすいです。
順番に解説していきます。

 

黒髪は清潔感を与える

 

やはり黒髪の方が圧倒的に清潔感を相手に与えることができます。

 

黒髪の良い点は、全ての業種・職種で通用する唯一の色ということです。

 

また黒髪であれば染め直しやダメージケアなども少なくて済むので、髪のメンテナンスも楽です。
コストもかからないので、絶対に内定を勝ち取りたい!就職したい!と思うのであれば、黒髪にすべきです。

 

ビジネスの世界では黒髪は当たり前

 

まず認識してほしいのが、ビジネスシーンにおいて黒髪であることは基本中の基本です。
海外では地毛が金髪の人や茶髪の人がいるので一概には言えませんが、ここは日本です。

 

日本人である以上、社会人=黒髪という常識が強いです。

 

想像してみて下さい。あなたがオーナーで、営業をかけてくるビジネスマンが茶髪や金髪だったら。

 

そんなやつが営業してくる商品を、あなたは買おうと思いますか?いえ、思わないと思います。

 

僕だったら話すのも嫌ですね。

 

その営業商品が高額であればあるほど、買わないと思います。

 

ではなぜ購買意欲が下がってしまうのか?それは「信用できそうにない」と思うからです。

 

その人がどんなにスペックが高くても頭が良くても、見た目で全て台無しになってしまうんですね。

 

企業の面接でも一緒です。

 

企業は自分の会社に有益になりような人材を欲しています。
特に「この人ならうちの会社に大きく貢献してくれそうだな。」という人材を探しています。

 

そういった考えを持っている面接官の前に、黒髪の人と茶髪の人が面接に来たらどうでしょう。
おそらく見た目の時点で、黒髪の人の方を採用したいと思うでしょうね。

 

それはなぜかというと、清潔感があり印象が良い

 

このように黒髪であることには大きなメリットがあります。

 

入社後に取引先にも紹介しやすい

 

多くの業界・職種では、人と関わる仕事がほとんどだと思います。

 

入社後には、取引先の担当者や顧客に挨拶しに行ったり、打ち合わせをしに行ったり、営業しに行ったりします。

 

そんな時に髪の毛が染めている状態であったら、相手側はどう思うでしょうか?

 

多分99%の人は「この人大丈夫か?」と思われてしまい、信用問題に発展しかねません。

 

また上司や先輩があなたを紹介する際に、茶髪だったら紹介しづらいと思います。

 

僕も前に後輩を持っている時期がありましたが、その子は暗めの茶髪でした。
やはり、周りが黒髪の比率が高いので暗めの茶髪でも目立ってしまいます。

 

また顧客に挨拶しに行く際も、すごく気になりましたし紹介しにくいです。

 

なので「黒髪にした方がいいよ。」とアドバイスをしたことがあります。
この後輩は素直な子だったので、すぐに黒染めをしてきてくれました。

 

結果的に仕事にもいい影響があり、取引先の顧客にも気に入ってもらうことができました。

 

黒髪であることは自分だけではなく、周り人にも良い印象を与えることができます。

 

それでも染めたければ8トーン以下にせよ!

 

なかにはどうしても染めたい人がいるかもしれません。
特に女性の方は、急に黒染めすることに抵抗がある人もいます。

 

そんな時に染める色のトーンは8トーン以下にしておいた方が無難です。

 

髪色のトーンはレベルスケール4〜15(12段階)で仕上がりを分けています。
レベルスケールというのは、髪色のトーンのことです。

 

レベルスケール 色の見え方
4トーン〜5トーン ほぼ黒髪
6トーン〜7トーン 染めていても目立ちにくい
8トーン〜9トーン よく見てみると少し明るい感じ
10トーン〜11トーン はっきり染めているのがわかる明るさ
12トーン〜13トーン とても明るい。誰が見てもわかる
14トーン以上 ブリーチなどをして染めた場合(金髪など)

※NPO法人日本ヘアカラー協会を参考

 

上記表のように、黄マーカーで示した「6トーン〜7トーン」までが最もオススメのカラートーンです。
これ以上明るくすると、室内などでは割と明るく見えてしまうかもしれません。

 

ですから、黒髪は嫌だ!という人は8トーン以下で染めるようにしましょう。

 

補足ですが、これは女性に向けたアドバイスですので、男性の方はやめましょうね(笑)

 

男性の場合、8トーン以下でも染めたら意外と目立ってしまってマイナス評価です。そして清潔感が全くなくなってしまいます。

 

あくまでもヘアカラーについては、女性のみ企業から許容される傾向にあります。
ですから、男性は黒髪一択と考えてください。少し染めてもいいのは女性だけです。

 

またクリエイティブ業界IT業界であると、他の業界よりは髪色に寛容的ではあります。
そういった業界では、男性であってもそこまで髪色について言われることはあまりないでしょう。

 

 

 

企業によってはレベルスケールの基準を設けている企業もある

 

ある企業では「オフィス内はレベル○まで!」とレベルスケールを決めているところもあります。
そう、簡単に言えば暗い色ならOKということです。

 

その背景には「明るい職場作り」「企業のイメージアップ」が狙いです。

 

ですので、入社後に髪の毛を染めても大丈夫な場合もあるということです。
ただ転職活動中の面接などでは基準が違う可能性があるので要注意です。

 

結局のところ、その企業の基準なんて細かいことは入社してみないとわからないので、とりあえずは上記の表を参照して、転職活動時は8トーン以下に押さえておけば問題ないでしょう。

 

自分の髪色に対して意見を聞いてみよう

 

髪色に不安があれば一度、身近な人に客観的に見てもらい率直な意見を聞いてみるといいです。
まさに客観的に評価を受ける事で、面接官と同じ視線で見てもらうことができます。

 

どうしてもセルフチェックでは正常な判断ができない場合が多いからです。

 

客観的に見てもらうことで、相手が受け取る印象というのを把握しておくことができます。

 

これ不思議なんですが自分が思ってる印象と相手から見る印象では、かなりズレがあるんですよね。
これは自分が持っている先入観が強く影響いているからと言われています。

 

ですから、自分を正常に評価してもらうには第三者に見てもらう方法しかありません。

 

家族でもいいですし、兄弟、恋人、先輩、先生、誰でもいいので一度確認してみるのがいいですよ。

 

逆にそこであまり良い評価をしてもらえなかった場合は、髪色を見直した方がいいということですよ。
自分の目より、相手の目を信用しましょう。

 

転職エージェントに相談して業界の傾向を知る

 

髪色に対して業界の傾向を知りたい方は転職エージェントを利用するのがオススメです。
転職エージェントは転職のプロですから、どの業界・業種がどういう傾向にあるのか細かく情報を保有しています。

 

転職エージェントについて詳しく知りたい方は「転職エージェントって何者?利用した方が良い理由を解説!」の記事でまとめていますので、合わせて読んでみて下さい。

 

 

転職活動時の髪色(トーン)についてのまとめ

 

ここで転職活動時の髪色またトーンについて、ポイントをおさらいしておきましょう。

 

  • 結論、黒髪が一番確実で有利になりやすい
  • 黒髪は清潔感を強くアピールすることができる
  • ビジネスの世界では黒髪であることが大前提である
  • 企業の挨拶や初対面の時でも、黒髪であれば良い印象を与えることができる
  • 染める場合(女性)は、8トーン以下で染めるようにする
  • 業種によってはヘアカラーに寛容的な企業もある(クリエイティブ系、IT系)
  • 人と関わる仕事であれば、黒髪であることは必須条件
  • 転職エージェントを利用して傾向を調べてもらう

 

以上が髪色やトーンに関しての紹介と解説でした。

 

やっぱり若い人であればあるほど、髪の毛を染めたくなりますよね。

 

僕も実際、茶髪にしていた時期がありましたが今は黒髪です。
むしろ黒髪が一番だと思っています。

 

転職活動が終わり、無事入社することができれば髪の毛を染めることも後で出来ますし、黒髪に慣れちゃうこともあります。

 

せっかく今まで準備してきた転職活動が髪色で台無しになってしまわないよう、適切な判断と対策を心がけてください。

 

僕は髪の毛染めたい派だったのですが、今では黒髪派になりました。
黒髪の実力は計り知れません。今日を機に頑張って黒染めしてみませんか?

 


このページの先頭へ戻る